生命保険の基礎知識

ここまで読んで生命保険のことが少しわかってきたのではないでしょうか。
ここで生命保険の基礎知識についてご説明いたします!

生命保険は主契約と特約の2つで出来ています。

主契約はメインの契約のことで主契約のみで契約をすることができます。
特約はそれのみでは契約ができず、主契約にオプションとしてつけることで契約できます。

この特約ですが主契約の保障だけでは足りないといった場合につけることを目的としたものです。

生命保険の種類

生命保険の主契約には主なものとして3つの種類があります。

  • 定期保険
  • 終身保険
  • 養老保険

です。
それぞれの特徴を紹介していきます。

各保険の特徴

定期保険の特徴

  • 一定の期間で契約が終了します。
  • 契約終了時に主契約が消滅するので同時に特約がなくなってしまうことを忘れないようにしましょう。
  • 期間途中で契約を解除すると基本的にお金は返ってきません。
  • 保険料が掛け捨て(満期や解約時にお金が返ってこない)なので、保険料は安いです。

終身保険の特徴

  • 生涯にわたって保障を受けることができます。
  • 期間途中で契約を解除した場合お金が戻ってきます。(戻ってくる額は状況により異なります。)
  • 保険料は高いです。

養老保険の特徴

  • 一定の期間で契約が終了します。
  • 契約終了時にお金が戻ってきます。(戻ってくる額は状況により異なります。)
  • 保険料は基本的に終身保険より高いです。

生命保険は早めに入ったほうが有利!?

生命保険はいざというときにしか必要ないため、なかなか入る気になれない方もいると思います。
しかし、若いときに入っておいたほうがいいよと保険の外交員に勧められたりして入ったほうがいいのではと思うことがある人もいるでしょう。

では若いときに入るとどうなるのでしょうか。まずよくあげられるのが保険料が安いことです。
しかし長期的に見ると早く払い始めた分多く支払っているケースもあります。

ただし入るのが終身保険の場合にはお得になることもあります。
他には保険に入りやすいことです。
若いときは年をとったときと比べ健康な場合が多いです。
そのため生命保険に入りやすいです。
年をとると病気にもなりやすく
実際に病気になってしまうと入れる保険も限られてきてしまいます。